フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

生まれてくる赤ちゃんのために手作りしたほうがいい。

初めての妊娠、自由な時間もたっぷりあったのでベビーキルトを手作りすることにしました。

 

当時住んでいたアメリカでは、ハンドメイドベビーキルトは妊娠中に生まれてくる赤ちゃんのために作る人気のプロジェクトでした。きっとアメリカでは出産後すぐに退院して、生まれたばかりの赤ちゃんもカーシートに入れられてあちこち移動...なんてことが当たり前の国だから、ベビーキルトが役に立つのかもしれません。

 

子供達が成長して振り返ってみると、ベビーキルトは手作りしておいて本当によかったです。もちろんベビーキルトじゃなくても全然良くて、成長した娘の言動から感じるのは、お母さんの手作りであることがとても大事みたいです。娘はたびたび「これはマミーが作ってくれたのよね!」と口にしています。

 

そしてもうひとつ大事なのは、妊娠時に手作りしているところを写真に残しておくことです。作品の写真だけではなく、作っている最中の自分の写真もです。後々成長した子供が写真を見てもわかりやすいので、お腹の大きい時の写真だとなお効果的です。

 

お金を出せば素敵なキルトも誰かのハンドメイドのキルトも手軽に買える時代、だからこそ成長した子供が自分で写真を見て「お母さんの大きいお腹の中には私がいる」、「そのお母さんが私のために手作りしてくれている」と実感することは、娘にとってとても意味があることのようでした。

 

フリカエリ子育て日記まとめ

  • 妊娠時、生まれてくる赤ちゃんのために手作りしたほうがいい。
  • 作るものはきっとなんでもいい。
  • 作っている時の写真(作品+本人)は絶対に残したほうがいい。
  • その写真を子供に見せてあげたほうがいい。