フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

出産前、一人目に手作りしたなら二人目にもしたほうがいい。

昨日の「生まれてくる赤ちゃんのために手作りはしたほうがいい。」にも記したように、長女の妊娠時にははりきって手作りでベビーキルトを用意しました。ハンドメイドはもともと得意だし、時間もたくさんあったし、なによりも初めての妊娠で赤ちゃんに会えることをすごくワクワクしていたから。たしか完成するまでにひと月ほどかかった気がします。

 

furikaerimom.hatenablog.com


長女のときはあれだけ丁寧に時間をかけていたのに、次女を妊娠中はなにひとつ手作りせず、ベビーブランケットもお店で買ってしまいました。正直毎日の育児に疲れてしまって、何かを作るなんて気持ちにもならなかった。

 

購入したベビーブランケットはそれなりにとてもかわいくて、デザインも素敵。でも長女のベッドには手作りのベビーキルト、次女のベッドには既製のベビーブランケット、二人のベッドをみるたびに自分が面倒くさがったことを反省します。まさか10年経った今でも2人とも大事に取っておくとは思わなかったから。

 

次女にもベビーキルトを作ってあげればよかった。

膝掛けサイズ、ハンカチサイズでもいいから。

でも不思議と次女は「私には手作りのベビーキルトはないの?」とは聞いてきません。

もしかして気を使っているのかな?でもきっと聞いてきたとしても正直に「疲れていてそれどころではなかったの、ごめんね」と伝えると思います。

 

手作りと既製品。二人ともそれぞれ違うベビーブランケットだけれど、どちらもいまだに大事にとってあります。サイズはもうとても小さくなってしまったけれど、本を読むときの膝かけにしたり、お人形遊びのときにつかったり、使い道はあれこれあって、それでも気がつくといつの間にか二人のベッドの中にその小さいブランケットが戻っているのです。

 

手作りの方がきっといいのだろうけれど、もしかしたら赤ちゃんの頃大好きだったアイテムを1つでも残しておくことが大事なのかな?とも思います。 成長した子供は自分が赤ちゃんの頃のことは忘れてしまっているけれど、その思い出の何かを残しておくことで、昔のお父さん、お母さん、自分とのつながりを感じているのではないかと思いました。そしてそうすることで自分自身を癒し、愛してあげる力につながっているような気がします。

 

 フリカエリ子育て日記まとめ

  • 1人目に手作りのベビーグッズを用意するなら、やっぱり2人目もした方がいい
  • できないのなら買ってもいい。
  • 案外2人目は手作りじゃないことを気にしない。
  • 赤ちゃんの頃好きだったアイテムを1つは残した方がいい。
  • そのアイテムを使っている赤ちゃん頃の写真は撮っておいた方がいい。
新米ママもらくらく作れる かわいいベビーグッズ (別冊美しい部屋)

新米ママもらくらく作れる かわいいベビーグッズ (別冊美しい部屋)