フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

国際結婚の子どもはバイリンガルになるのか?ならないのか?振り返ってみた。

子ども達が生まれる前、漠然と考えていたことがあります。

「完璧なバイリンガルにはならなくていい」、「子ども達の母国語は英語、二番目が日本語でいこう」と。

父親はアメリカ人、母親は日本人。アメリカで生まれ育つのだから、母親は日本人だけれどまずはひとつ揺るがない土台をつくろう、と考えていました。仮に我が家が日本に住んでいたとしたら同じように、「日本語を母国語、二番目に英語」と考えていたでしょう。

 

だから我が家の子どもに求めるバイリンガル目標は、「英語はネイティブ、日本語は最低限の会話と難しくない本を楽しめるレベル」です。

 

これは日本で子育てしていても海外で子育てしていても、親によっていろいろな考え方があるから、どれが正しいとかどれが間違っているとかは全くないと思います。

英語も日本語もどちらもネイティブレベルになって欲しい。

英語だけでいい。

日本語だけでいい。

英語がメインで日本語がちょっとわかればいい。

などなど十人十色に子どもに期待するものは違います。
もちろん住む環境によっては、更に第三言語、第四言語と加わってくるわけです。

 

最低限の目標をたてて10数年、今のところ娘達の語学力は英語はネイティブ、日本語はアクセントありの簡単な日常会話ができる程度です。そして日本の子どもの本、まんがを問題なく楽しんでいます。

一番弱いのは日本語の書きとりです。小さい頃は家でひらがなや、カタカナ、簡単な漢字の練習をしていたのですが、最近はなにもしていません。だからきっと読めるけれど、書くとなると難しいだろうなと思います。

 

大事なのは最初に何を求めるかを決断すること。

そしてそこから揺るがないこと。

 

熱心に日本語教育して、途中で諦めて子どもが振り回されるのはあまりにもかわいそうです。海外転勤が多かった我が家はあちこちでいろいろなバイリンガル教育を実際にみてきました。

すごく力を入れている家庭のお子さんは、さすがと思うくらいどちらの言語も使いこなしていたし、そういう中でも片方の言語は諦めたというお子さんもたくさんいました。

総合的にみた結果思ったことは、ほどほどでも十分、それ以上は子どもが大人になってから決断させて学ばせても間に合う、むしろその方が親にも子にもストレスがない、ということでした。

 

我が家とおなじく完璧なバイリンガルを目指していないのなら、日本語補習校は全く必要ありません。むしろ子ども達も多くの宿題に追われることもなく、日本の学校と現地校での板挟みによるアイデンティティークライシスに陥ることもないでしょう。なにより親の私は狭い日本人コミュニティーに入ることなくストレスなしで生活できるので、家族みんなが幸せな決断だったと今でも思っています。

 

海外転勤族の場合、親にネイティブの英語を話す人がいたとしても、子どもをネイティブに育てるのが難しかったりします。その問題点はインターナショナルスクールにあったりするのですが、その話はまた後日こちらで紹介しようと思います。

 

フリカエリ子育て日記

  • どれくらいバイリンガルにしたいのかは最初に決断した方がいい。

  • 決断したら親はずっと貫いた方がいい。

  • 日本語補習校へは行かなくても完璧ではないがバイリンガルは育つ。

  • 日本人コミュニティーに全く入らなくてもバイリンガルは育つ。 

 

2017年5月の子ども達

www.furikaerimom.net