フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

赤ちゃんとテレビ。赤ちゃんとテレビを見るときに気をつけたほうがいい4つのこと。

昨日は赤ちゃんとテレビについて書きましたが、今日は具体的にどんな感じでテレビを子供達に見せていたのかについて振り返ろうと思います。

 

www.furikaerimom.net

 

我が家の子ども達がテレビを見だしたのは生後10ヶ月頃。
よちよち歩き出し、言葉も増えて、赤ちゃんから幼児へと成長が感じられた頃でした。

それまでの間たくさんの本を一緒に読んだので、本で見たことのあるキャラクターが箱(テレビ)の中で動いていたり、お兄さんやお姉さんが歌をうたっていることに大変興味を示していました。 

目を丸くしてびっくりしたり、「かーしーねー(悲しいね)」と言いながら悲しそうな表情をしたり、テレビを通して感じたおもいきりの喜怒哀楽を表現してくれました。

 

「赤ちゃんにテレビを見せるか見せないか、見せないで育ててみた。」でも記したように、テレビが悪影響とは思っていません。でも我が家では「子どもの想像力を育てる」ことが目標なので、テレビのルールは設定しました。我が家ではこのルールが生後10ヶ月から就学前まで続きました。

 

目次

 

具体的なテレビルール

  • 子どもが起きている時間帯は大人のテレビ番組をつけない。
  • 成長に合わせて、テレビは1日に1〜2時間くらい。
  • 子どもに見せるテレビ番組をいくつか選ぶ。毎日あれこれ違う番組を見せない
  • 一緒に見る。

テレビをだらだらつけないことは大前提です。あまりの情報量に頭の中で想像することを怠ってしまいそうだからです。

最初の10ヶ月テレビを見せなかったことで、そのあいだに文字や絵で具体化されていない物事をを想像する力が備わります。どうしてわかるの?と聞かれたらどうにも証明できないけれど、喜怒哀楽が豊かで、遊び方がとても興味深いです。おもちゃではない何かをおもちゃにするのが上手で、せっかく公園へ連れて行っても、遊具で遊ばずに二人でなぞの遊びを始めたりもします。

 

「子供が起きている時間帯は大人のテレビ番組をつけない」

もともと私がテレビを見るのは夜だけだったので、日中大人のテレビ番組をつけないことは苦痛ではありませんでした。当時アメリカに住んでいたので、日本の朝のニュースやワイドショーを見る機会がなかったことも助けになっていたと思います。


大人の番組を日中つけない利点はいくつかあります。
まずCMが一切入りません。コマーシャルはとても面白いし、歌とかも覚えちゃうくらい工夫されていますが、赤ちゃんには情報量が多すぎると思いました。

ワイドショー番組やニュースであっても、赤ちゃんにとってはまだ知らなくていい情報です。子供の想像力の邪魔になってしまうので、やはり日中は大人のテレビ番組を一切つけないことをおすすめします。子供達がお昼寝中のときは別ですけどね!

 

もし母親がテレビが大好きで、テレビの音がないとストレスになるくらいならば、携帯できるなにかでテレビをオンにして、それをポケットに入れてイヤフォンを片耳だけつけるのはどうでしょうか? これなら赤ちゃんにテレビの映像や音声が伝わることはないし、お母さんもテレビの音が聴こえるだけで少しはストレス軽減になると思います。

 

「成長に合わせて、テレビは1日に1〜2時間くらい」

いっそのことテレビを全く見せなければいいのでは?と思う方もいるだろうし、実際に全くテレビを見せない教育をされている方もいるでしょう。

でもなんとなく、極端なことって良いことでも悪いことでも結局最後はマイナスに働くような気がしませんか?だから極端に「テレビを全く見せない」という選択は我が家にはなかったです。

 

急にテレビを見せだしたらはまってしまわないか?という疑問もあるかもしれませんが、娘達は泣いてテレビをせがむということは一度もなかったです。

反対に決めた番組を毎日同じ時間帯に見せていたので、明日も見られるという安心感があったのだと思います。そしてテレビを見終わればまた自分の想像の世界に戻る、という楽しみがあったのだと思います。

 

「子どもに見せるテレビ番組をいくつか選ぶ。毎日あれこれ違う番組を見せない」

このルールは単純ですがとても意味があります。 

あらかじめ赤ちゃんに見せる番組を決めます。それは毎日続く番組の方がいいです。娘が初めて見たテレビ番組は「いないいないばあっ!」と「Curious George」です。
毎日同じ番組を見ることによって、その中の登場人物やお話が子供の想像の中でより膨らんでいきます。そして毎日見ることで、明日も見られるという安心からテレビをもっともっと!とせがむこともしません。だからテレビを消すときは「楽しかったね!明日もまた見ようね!」と話しかけると、嬉しそうにしていました。

そして見せる番組を決めておくということは、テレビの中には他の番組が存在するということを赤ちゃんは知らないということです。これは知らなくていい情報だと思います。だからCMという存在も知らないはずです。

 

「一緒に見る」

子供と一緒にテレビを見ることはとても大事です。だから残念ながらテレビを子守り相手にすることはできません。子供に初めてテレビを見せたとき、体を動かして楽しさを表現したり、幼児番組と一緒に歌をうたったり、テレビから吸収した新しいことをたくさんこちらに表現してくれるはずです。

私は面倒くさがりなので、娘と一緒に踊ったり歌ったりすることはあまりなかったです。ただソファーに座って、嬉しそうにしている娘を見て、「上手だね!」「すごいね!」「楽しいね」「悲しいね」「怖いね」と共感していました。

10歳を超えた今でも、娘達はひとりでテレビを見たりゲームをすることを好みません。もちろんひとりで見たりゲームをしたりしますが、そうすると「さみしかった〜」と伝えてきます。喧嘩しながらでも誰かとゲームをする方が楽しいそうです。

 

最初は「いないいないばあっ!」とか「おかあさんといっしょ」など、一緒に歌ったりダンスをしたりする番組でスタートしましたが、成長とともにアンパンマンなどキャラクターものの番組へと移行していきます。個人的にはあまり好きではないプリキュアやアイカツも就学時には見ていました。

今度はその「キャラクターものとどう付き合うか」についても書きたいと思います。 

NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト コロンパッ

NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト コロンパッ

  • アーティスト: TVサントラ,横山だいすけ,三谷たくみ
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/10/20
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 386回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

フリカエリ子育て日記まとめ

  • テレビなしである年齢まで育てると、確実に想像力は育つ。
  • 子どもが自分で動き回れたり(ダンスができる)、言葉が出るようになったらテレビを見る準備ができたサインかもしれない。
  • 子どもはテレビを通してダンスや歌や感情を表現してくれるから、親はその瞬間を共感したほうがいい。
  • 見る番組をあらかじめ選んで、それだけを見せた方が良い。