フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

海外転勤族の運転免許証、運転しなくても更新した方がいい理由

f:id:furikaeri_mom:20170713091624j:plain

私のようなひどい面倒くさがりはあまりいないとは思いますが、もしこれを読んで下さっている方が海外転勤族ならば、運転免許証はどの国に移動しても常に更新した方がいいです。今、当たり前のことを言っていますよね、きっと。

 

赴任地によっては東京のように車を必要としない場所もありますが、それでも次、その次の国では車が必要になることもあります。私はここを面倒臭がってしまいました。たまたま何カ国も続いて車なしで生活できる環境に引越しだったために、「もう運転しなくていいや!書類を集めるのも写真を撮るのも面倒!」と免許証を更新せずに放っておいてしまったのです。

 

ある日突然アメリカに戻ることが決まりました。大昔にとった運転免許は1年前に期限切れ!運転しなくとも更新さえしておけばペーパーワークのみで済んだのに、出だしから再スタート。ティーンの子たちに混ざってまた筆記テストからやり直しです。

 

 

筆記テストをなんとかパスし今度は運転練習。もう何年も運転していなかったのでひどいものです。車幅の感覚もつかめないし、ハイウェイの合流も恐怖です。それでもなんとか運転実技試験に合格し、今度は免許証をもらうために恐ろしく長い時間オフィスで順番待ちをします。

 

あぁ、免許を更新しておけば...

 

何度こう思ったことでしょう。あまり同じような過ちをおかす人はいないかもしれませんが、海外転勤族の方は要注意です。

 

ちなみに夫は毎度の引越し、しっかりと国ごとに運転免許証を更新していました。というわけでアメリカに戻ってきてからも簡単な書類のみで即日発行でした。

 

アメリカの運転免許証の取り方、簡単な流れ

  1. 免許証を発行している「DMV」をチェックする。
  2. 筆記テストを受ける。
  3. 免許証を持っている人を助手席に乗せて運転練習をする。
  4. 運転実技試験を受ける。
  5. 免許証取得。

アメリカは州によってかなりルールが変わります。アメリカ国外で免許を既に持っている場合、国によっては筆記試験や実技試験が免除されて一気にアメリカの免許証を取得できることもあります。どの国が免除されるかは州によって違います。

 

筆記テストについても、州によっては日本語テストが用意されている場合もあります。

 

夫の場合ですが海外転勤時、アメリカの免許証からA国の免許証に切り替える時点で、アメリカの免許証が没収されました。そして次にA国からB国へ引っ越した時も、A国の免許証は没収されてB国の免許証に切り替わりました。そしてB国からアメリカに戻ってきた時はB国の免許証からアメリカの免許証に切り替えたのです。

たまたまB国が筆記試験、実技試験免除の国に入っていたため、書類のみでアメリカの免許証に切り替えることができました。もしこれがA国からアメリカに戻った場合、A国はテスト免除の国に含まれていなかったため、筆記試験からから受け直しになっていたでしょう。でもここで元々取得していたアメリカの免許証が期限切れでなかった場合は、A国の場合でもテスト免除になるのです。アメリカの免許は国外で没収されていても、ちゃんと記録に残っているので調べればわかるという仕組みです。

 

複雑というか面倒ですよね。

私の場合はアメリカ国外在住のあいだにアメリカの運転免許証が期限切れを迎えていたので、過去に遡ってできることがあったとしたら、やはり毎回引っ越すたびに免許証を更新するべきでした。それでもA国からアメリカに戻ってきていた場合は、筆記試験から受けることになっていて、B国から戻ってきていれば試験免除になっていたわけですから、こればかりは赴任国によってラッキーだったり、アンラッキーだったり差がありますね。

 

とりあえず、運転免許証は引越しのたびに常に更新をおすすめします。