フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

バイリンガル教育、小学生におすすめの英語本。「The Trouble with Twins」

このあいだ小学生の娘達が絶賛していた本、「Wonder」を紹介しました。今この本がどこにあるかというと、担任の先生のところにあります。約束どおり貸してあげたそうです。きっとその後はクラスメイトのお友達の元へもいくのではないかな?

 

今日紹介する本は「The Trouble with Twins」by Kathryn Siebel。

生まれた頃からずっと一緒で、ずっと仲良しだった双子が、成長とともに外見も性格も真反対の道を歩みだし、そこからお話はスタートします。

 

我が家の娘達は双子ではありませんが、性格は真反対ではあるもののベストフレンドです。双子のように何をするにも一緒で、お互いのいない人生などきっともう考えられないでしょう。でも姉妹というのは時にお互いをライバル視し、激しい喧嘩をする日もあります。大好き、大嫌い、大好き...という気持ちを繰り返して成長していくのでしょうね。

www.furikaerimom.net

 

この本はとくに次女が気に入っていました。

下の子というのは無意識に上の子を真似するところがありますよね。もちろんそれはお姉ちゃんのことが大好きだからなんだけど、きっとそれが当たり前と思い込んでしまっているところもあると思います。でもだんだん成長して個性がでて、姉とは違う「自分」を見つけ出して、今ちょうど次女はその中間にいるのでしょう。だから余計にこの本に共感したのではないかな?

 

本の紹介では8歳から12歳くらいにおすすめとのことです。

兄弟の世界は私にはわからないのですが、きっと姉妹関係とはまた違いますよね?だから「The Trouble with Twins」は双子の姉妹や歳の近い姉妹におすすめします。