フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

海外在住、ブログが知り合いにばれないようにする方法について振り返ってみた。

あちこち米国内、米国外引っ越してきました。そのたびにブロガーさんに会うこと、会うこと!その多さにびっくりしました。正確には「ブログしていますよね」と声に出したことは一度もないので、会ったとは言わないかもしれません。でも本人が思っている以上にブログをしているとバレます。ブログ上で顔を出していなくてもわかってしまいます。そして大部分の人はその人がブログしていることを知りつつ、知らないふりをして日常を過ごしています。海外の日本人社会は本当に狭いです。あなたはブログをしていることを知られたいですか?それとも知られたくないですか?

 

もし海外駐在中ブログをしているけれど、個人を特定されたくない!と思っている場合、気をつけたほうがいい点はたくさんあります。

 

どうやってブログが検索されるのか?

海外在住の場合、だいたいの人が国名や都市名を記載しています。海外赴任で引っ越すことになった場合、まずその土地の情報を出来るだけ探そうとしますよね?そうすると国名、都市名を入れたらでてくるのがブログです。

私は引っ越すたびにその土地のブロガーさんから情報を得てきました。どこに日本食が売っているかとか、子供のイベントのおすすめとか、美味しいレストランとか、様々な役立つ情報です。とてもありがたい情報です、でもそれと同時に不思議に思います。子供の顔をこんなに載せて平気なのかな?名前ものってるし。愚痴とかもたくさん書いてある。生活まるわかりでいいのかな?きっと平気だから書いているのですよね。

 

実際にある国へ越した時、いつもと同じようにその国と都市の情報を探していました。そこで見つけたあるブログ、お子さんの写真は載っているけれど目のところはモザイクで隠されていて、はっきりとお顔は出ていませんでした。名前もニックネームが使われていたので本名ではありません。この方のブログは、その国での子育てに役に立つ情報がたくさん紹介されていたので、何度も読ませていただいていました。

無事引越しを済ませ、子供達が学校へ通いだしてびっくり。そこには何度も読んでいたブログのお子さんも通っていたのです。日本語補習校での話ではなく、インターナショナルスクールでの話です。最初はこの偶然にびっくりしましたが、後にあちこちで同じ状況を経験したので、「海外赴任あるある」なのだと慣れてしまいました。

 

ブログのことを伝えるか?伝えないか?

最初に書いたように海外在住の場合、日本人社会はほんとうに狭いです。ブログをしている方に偶然出会う確立はかなり高いです。友人として出会うわけではなく、知り合いの知り合いのそのまた知り合い、くらいの関係で出会ったりします。

そのときにブログを見たことがあると伝えるか?伝えないか?みなさんならどうしますか?私は伝えません。理由はひとつ、友達になりたいとは思っていないからです。ネット上で便利な情報を教えてもらっている感覚で読んでいるだけなので、個人個人でやりとりをしたいとは思っていないから。反対に言えば、友人がブログをしていたとしたら「もしかしてブログしてる?」と正直に伝えると思います。でも実際には友人がブログをしていたことは一度もありません。インスタグラムとかTwitterとかもしていないと思います。

もしブログを見たことがあるなんて口にしたら、気持ち悪がられるかもしれません。こちらからしたら「ネットで情報を書いているのだから世界中の誰でも読むことができますよ」という感覚だけど、もしかしたらその人は「秘密の日記」の感覚で書いているかもしれません。とにかく面倒なので伝えません。

 

ブログが知り合いにばれないように気をつけるべきこと

海外在住のブロガーの中には友達を作るためにブログを書いている方もたくさんいると思います。もしそういう目的ではなく、知り合いにブログを書いているとは知られたくない場合、気をつける点がいくつかあります。 

 

  • 国名、都市名の記載 (アメリカの場合は州名と都市名)
  • 日常の写真
  •  レストラン名などの記載
  • 日本食を買う場所等の記載
  • 日本人美容師さん情報
  • 子供の名前や写真
  • 学校名
  • 日本語補習校情報
  • 友人とのパーティーなどの詳細
  • インターナショナルスクール情報

とにかく写真はバレやすいです。目のあたりにモザイクをかけていても直接出会ったら分かると思います。とくにアメリカ国内の場合は州名とその都市名を書いていたらまず見る人が見ればわかるでしょう。

アメリカ国外の場合はインターナショナルスクール情報は要注意です。なぜならスクール自体が数に限りがあるからです。英語圏でない国に赴任の場合、だいたいのお子さんがインターナショナルスクールへ通うことになります。だから同じ学校に通うことになる確立はかなり高くなるわけです。

 

今日書いたことはブログから個人を特定されたくない人が気をつけるべきことです。でも私のように引越しばかりで新しい土地の情報はなによりありがたい!と思っている人もたくさんいるので、みんながみんな上記のことを書かなくなったら困ってしまいますよね。だからブロガーとして情報をたくさん提供してくださる方々には本当に感謝しています!