フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

子供達が大絶賛する英語のコミック(漫画)について振り返ってみた。

子供達は本が大好きです。

朝早く起きるとリビングルームのソファーで一人本を読んでいたり、車で出かけるときに自分で本を選んで持って出たりしています。「本を読んで」というお願いはする必要がなくて、自分たちの好きなときに好きな本を読んでいる毎日です。

 

そんな我が家ですが「子育てと本」という関係ではなんどか失敗もしています。

www.furikaerimom.net

 

www.furikaerimom.net

 

www.furikaerimom.net

 

このような感じで何度か失敗を繰り返しましたが、基本的に我が家ではチャプターブックもOK、コミックブックもOKとしています。大事なのはバランスを取ることで、漫画から学ぶこともたくさんあると信じています。

 

今日紹介する本は娘達が大絶賛していた英語のコミックです。コミックなので英語を学ぶ目的としても手軽に楽しめると思います。一気に4冊紹介しますよ。4冊全てが同じ作者なのです。Raina Telgemeierさんの作品でこの4冊以外にもたくさん出版されているようですが、忠実に娘達が絶賛していた作品のみを紹介しますね。

 

Sisters」by Raina Telgemeier

  

Smile」by Raina Telgemeier 

 

Drama」by Raina Telgemeier

 

Ghost」by Raina Telgemeier 

 

4冊ともに9歳から12歳くらいにオススメだそうです。

どの本もアマゾンの「なか見!検索」があるので、どんな感じのコミックなのか読むことができます。レビューをチェックするとわかるのですが、「Drama」の英語のレビューだけかなりの数の酷評がついています。中には「この本はPG-13にすべきだわ!」と書いている方もいるくらい。その理由はホモセクシュアル、バイセクシュアルについてのストーリー展開があるからです。これについて認められない方は子供に読ませるべきではないでしょう。我が家は全く問題ありません。それに本から知る「性に関する知識」も子供の成長過程で大事だと思っています。

 

このように子育てはそれぞれ家庭によってポリシーがかなり違うので、レビューを読んでから購入することをお勧めします。ぜひ一度Raina Telgemeierさんの作品をチェックしてみて下さい。