フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

クリスマスカードも年賀状も送らない年末について振り返ってみた。

明けましておめでとうございます!

久しぶりのブログです。フリカエリブログなのに振り返る事もせずにあっという間に新年を迎えていました。

 

書きたいなと思っていることはたくさんあります。

例えば…

  • サンタクロースの正体を知ってから初めてのクリスマス
  • 子供達が最近読んだオススメ英語本
  • 映画"Sing"のレビュー
  • 映画"Fantastic Beasts and Where to Find Them"のレビュー
  • 転勤族:アメリカ家探しのコツ
  • インターナショナルスクールとアメリカ公立校の比較
  • 海外転勤族やっておいて良かったことリスト
  • 娘のベストフレンド(男の子)について

今日は一番最近のこと、クリスマスカードと年賀状について振り返ろうと思います。

 題名通り、今年はクリスマスカードも年賀状も送らない年末を過ごしました。喪中なわけではありません。友達がいないわけでもありません。大事な友人は何人もいます。

 

ただ、もう何年も前からこうしたい(クリスマスカード、年賀状なし)と思っていました。年賀状は日本を去って以来書いていないので難しいことではありませんでした。クリスマスカードも元々あまり書いていなかったけれど、親戚と友人数人には毎年送っていたので、これは新しい試みです。

 

  • とにかく何も送らない
  • カードを頂いたらお礼のメールをする

この二つだけをしました。とてもシンプルです。「クリスマスカードも年賀状も送らない」とは誰にも伝えていません。だってそんな個人的なことを声高々に伝える必要はないから。クリスマスカードを頂いた方には、「ありがとうございます!」等のメールを送りました。

 

アメリカではクリスマスカードを送ることを大事にしている人はたくさんいます。きっと多くの家族は、このために毎年ファミリー写真を撮っているはずです。だから「クリスマスカードを送らない」という行為は、失礼ととる人もいるでしょうし、 寂しいことととる人がいるのもわかっています。

それをわかっているのだけれど、その大多数に合わせて生きていく必要はないとやっと割り切ることができました。きっと来年はクリスマスカードを頂く数も減るでしょう。そして変わらず頂くカードもあるでしょう。それでいい、というか、それがいいです。

幸い、家族や友人は変わらず大事な”家族”や”友人”でいてくれます。なんでもないある日に「Hi!元気?」と言い続けられる関係、それがいいです。

 

何も送らない年末はどうだったか?

とてもリラックスした平和な日常でした。家族で旅行したり家でダラダラしたり。パーティーもしません、忘年会も新年会もなしです。

 

これはフリカエリブログなので今年の年末を振り返ってみました。クリスマスカードや年賀状を否定するものでは全くありません。でももし「クリスマスカードや年賀状を書かないとどうなるだろう?」と思っている方がいたら、参考にしてみてください。答えは、「何も変わらない!」でした。