フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

子供の性教育どうしようと悩む最近について振り返ってみた。

ついこのあいだ、「書きたいことはたくさんあります」といろいろリストアップしたのに、その中に書いていないことを今日は書きます。

www.furikaerimom.net

 

最近ずっと考えていることです。子供の「性教育」についてです。どうしよう、どうしよう、いつがベスト?と考えるきっかけが増えてきました。きっとそう考えることが増えてきたということは、今がベストなタイミングなのかもしれないと思っています。でももう少し空想の世界で過ごしてほしいとも思っています。

 

娘が先日こう言いました。

「ある男の子が指でこうしてね、この意味がベイビーを作ることって言っていたの」

こう書いてこのブログを読んでいる方に伝わるのかも不明ですが、なんとなく想像できますか?片方の手を人差し指で指して、もう片方の手の指を輪にする仕草です。いわゆる性行為を意味することですね。

 

娘に聞いてみました。

「その意味がわかる?」

すると「わからない、でもその子がベイビーを作ることって言っていたの」と言いました。

 

以前、映画のPG-13について書きましたが、各家庭ほんとうにそれぞれ違った子育てポリシーがあります。ホラーだってなんだって子供と観る家庭もあれば、我が家のようにできるだけ13歳くらいまではPGの映画だけでという家もあります。

 

www.furikaerimom.net

 

それだけ違いがあれば子供の性知識についても家庭それぞれ違うわけで、こうして学校で娘たちもいろいろな単語やジェスチャーを知ることになります。

 

我が家は性行為についてはまだ教えていませんが、比較的オープンな方だと思います。DNAについての本も、思春期についての本もアメリカで購入して娘たちが読んでいます。でもこれらの本に具体的な性行為についての描写はありません。身体的な女性、男性だけではなく、心の男性、女性、様々な性があることも理解しています。私たち夫婦も子供の前で普通にハグやキスをしています。唯一知らないのが性行為についてです。でもこうして学校でいろいろなことを知るようになる年頃なのだから、もうしっかりと教えてもいいのかもしれませんね。

 

未来の自分が「今教えなくちゃダメでしょ!っていうか遅いよ!」と言っているかもしれません。それとも「まだもう少し長く想像の世界にいさせてあげて」と言っているかもしれません。こればかりはわかりません。今の自分はあともう少し…13歳、もしくは生理が始まったらと思っています。

 

サンタクロースの話でもそうですが、娘たちはこの間のクリスマスが初めてサンタクロースの正体を知ってから過ごすクリスマスでした。クラスメイトの中にはまだサンタクロースの存在を信じている子もいるそうです。人それぞれですね。

 

前髪はいったいどこから生えてくるのか?」にも書きましたが、子供が想像の世界で過ごす時間はとても大事だと思っています。大人の世界にはあっという間に追いつけるし。こうして行ったり来たりの考え事を続けています。子供の性教育についてはまたこちらで書くことになりそうですね。子供達がティーンになったら、いったいどんな悩み事を自分は抱えているのでしょう。ほんとうに子供の成長はあっという間です。

 

その後についてはこちらから、

www.furikaerimom.net

www.furikaerimom.net

www.furikaerimom.net