フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

アメリカの小学校、恋話について振り返ってみた。

f:id:furikaeri_mom:20170713080828p:plain

久しぶりのブログになってしまいました。今日は最近娘がよくする恋話について書こうと思います。

 

娘にはとても仲がいい男の子の友達がいます。同じクラスです。女の子の親友もいて、その三人で誕生日を祝ったくらい仲良しです。夫と私は最初の頃、もしかしたらこの男の子は女の子の心を持った男の子なのかな?と思うこともありました。なぜなら、娘から話を聞く限り、この年齢特有(小学校高学年)の”女の子とつるむなんて!”みたいなものが全く感じられない子だったからです。この頃はまだその子に直接会ったことはありませんでした。

 

しばらく時間が経ち、この男の子に会う機会がありました。夫は直感で娘のことが好きなのだろうと感じたそうです。

 

それからまた時間が経ち、ある日学校から帰ってきた娘が「マミー、今日〇〇(その男の子)が、私のことが好きって言ってきたの」と言いました。それであなたはどうしたの?と聞くと、「私も好きよ」と答えたそう。

 

たった数日前には、「マミーあのね、A君とBちゃんは付き合ってるんだよ」と言うのです。付き合ってるとは"Dating"ということです。小学生の付き合ってるってどんな感じ?と聞くと、「お互いに好き同士で、キスしてるところを見た人がいるみたい!」と言うのです。

これはいいタイミング!と思い、「それじゃ〇〇とあなたはボーイフレンドとガールフレンドなの?」と聞いてみると、娘は「違うよ、私たちはお互いにシンプルに好きなだけだよ、ベストフレンドなの」と。毎日学校での出来事を話すのが大好きな子なので、話を聞いている限り本当にそのような感じです。

 

ちなみに先ほど書いたボーイフレンド、ガールフレンドの関係の二人にはまだ話の続きがあるのです。この男の子のお母さんはかなりの頻度で学校のボランティアに参加していて、フィールドトリップ(遠足)のChaperone(付き添い)にも毎回参加するほどらしいのですが、この男の子にガールフレンドがいることをお母さんは知らないと娘が言うのです。本当かな?そんなことってある!?と話半分に聞いているのですが、もし本当だったらそれはまたちょっと怖いですよね。
個人的には子供達には子供だけの世界があるべきと思っているので、我が家は私も夫も学校のChaperoneには敢えて参加していません。娘達もそのことについて「ありがとう」と言ってくるくらいなので、もしかしたらこの男の子の苦労を知っているのかもしれません。

 

時々日本のテレビ番組でも今時の小学生の恋愛事情について知る機会がありますが、アメリカの小学生も同じかなと感じます。以前、子供の性教育について書いたように、娘達はまだ知らない世界が多いです。”ベストフレンド”と言い切るこの男の子のことだって、”ボーイフレンド”と言う日がいつきてもおかしくはないのですよね。とりあえず、その日あったことをありのまま伝えてくれる日ができるだけ長く続くといいな、と思っています。

www.furikaerimom.net

www.furikaerimom.net