フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

「Spider-Man: Homecoming (原題)」を子どもと観に行った。

f:id:furikaeri_mom:20160723013914j:plain

マーベル作品をタイムラインに沿って観ていると書きましたが、とうとう"Supider-Man: Homecoming"を映画館で観るところまで追いつきました。娘は大喜びです。昔観たスパイダーマンと何が違うの?と私にはさっぱりよくわからない世界ですが、マーベルやらソニーやら、利権がどうとか、マーベルコミックが大好きな人達にとっては大きな違いがあるらしいのです。公開されたばかりなのに圧倒的な人気ですね。映画館でもみんな声を出して大笑い、エンドロール後のおまけまでちゃんと見逃さずに待っているファンばかりでした。

www.rottentomatoes.com

 子ども映画レビュー:「Spider-Man: Homecoming (原題)」

子ども評価:★★★★★ 5.0/5/0
  • このあいだ家で観たアベンジャーズのシーンと繋がった!
  • ピーターを囲む仲間のキャラクターがどれも個性的でおもしろおかしかった
  • ディズニーチャンネルでよく観ていたZendayaが仲間の一人として登場していたのも良かった
  • Spider-Manは人が死ぬシーンがほとんどないからそこも好き!
  • フリカエリマムの感想:今回のスパイダーマンはスーツの機能をうまく使いこなせていないシーンがたくさんあって、その機能をひとつひとつ見るのがすごく楽しかったです。「ドラえもん最新ひみつ道具大事典 (ビッグ・コロタン)」に通づる楽しさがありました。伝わるかな?ピータの親友もチェスクラブの登場人物も、ナード役は常に冴えないアジア人というところはちょっとなぁ・・・と思うところがありますが、それも含めてもしかしたらコミックに忠実にしているのかもしれません(コミックを読んだことがないので、実際のところは?です)。今までのマーベル作品を観ていなくても、昔のスパイダーマン作品を観ていなくても充分楽しめると思います。

エンドロール後のおまけもバカバカしくて面白かったので、そちらも見逃さないでくださいね。次は"Thor"シリーズの最新作です。マーベル作品はテンポ良く次々に最新作が公開されるので、そこもまた魅力なのかもしれませんね。