フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

小学生の子供にiPadを使わせるか、そしてその影響について振り返ってみた。

f:id:furikaeri_mom:20170721001057j:plain

我が家の子育てでiPadはなくてはならない存在です。転勤族だと長距離移動やテレビや家具のない暮らし、ホテル暮らしの生活になることが多々あるからです。そのたびに持ち歩けるタブレット、iPadは大助かりでした。これひとつに子供が大好きな音楽、映画、ゲームや写真が入っています。

 

子供にiPadを与えた理由

子供達がまだ小さかった頃は一台をシェアしていましたが、二年前に一人一台ずつiPad Air2を購入しました。理由は子供達が成長して、それぞれの趣味嗜好がはっきりと別れてきたからです。好きな音楽や映画もアプリも違います。思い出に浸る写真だってそれぞれにあります。だからその個性を尊重してあげたくて二台購入しました。

 

転勤族の子供が思い出に浸るのはとても大事な時間です。

www.furikaerimom.net

 

iPadが子供に与える影響は?

たしかスティーブ・ジョブズは「子供達がテクノロジー機器に接する時間を厳しく制限するべき」と信じていましたよね。本当にその通りだと思います。子供は制限がなければどこまででも吸収するし(良い意味でも悪い意味でも)、無限に使ってたちまち依存症に陥ると思います。

でもその厳しい制限さえ設ければ、これほど素晴らしいテクノロジーはないし、子供の才能だって伸ばすことができると信じています。アートの才能や想像力を伸ばすこともできるし、ゲームを使って楽しみながら勉強することだってできます。

 

ちなみに我が家のiPad使用ルールはこちら

  • 子供向けのiPad機能制限を使用
  • You Tubeもネット利用もできない設定(何か見たい場合は親と一緒に検索)
  • 常にリビングルームに置いておく(自分の部屋に持っていかない)
  • メールとメッセージは使用可能だけれど、友達との連絡は必要最低限のみの使用 
  • 友達にはメールもメッセージも必要な時しか使えないと伝えてもらう(携帯を持っている子やSNSし放題の子供もいるので)
  • 基本的に長距離移動の時、アート作品(絵やストップモーションなど)を作りたい時のみの使用

このように制限あってのiPad使用は子供にとって何の害もありません。今では子供達もルールを把握しているので、自分で何がダメで何がOKなのか自己管理できるようになっています。

 

子供が落としても丈夫なiPadケースは?

iPhone同様にiPadも落とします。気をつけていても落としてしまいます。親である私はiPhoneを落として画面をバリバリに割ってしまいましたが、娘たちのiPadは購入してから二年たった今でも無事です。何度も落としてはいるので、丈夫なiPadケースのおかげですね。

子供達が使っているiPadケースはこちら。色やデザインもたくさんありますし、ちょっと重くはなるけれど、とにかくすごい丈夫です。

 

 小さい子供にはこちらのハンドルがあるデザインも良さそうですね。