フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

思春期の子育て、娘のムダ毛処理について振り返ってみた、その後2

f:id:furikaeri_mom:20170921022856j:plain

最近ブログの更新が途絶えてしまっています、ごめんなさいね。

夏休みが終わって娘達の新しい学校が始まりました。生まれてからずっと転校ばかりを繰り返していた娘達に、引っ越すわけでもないのに学校を変えるのは酷かな…とも思ったのですが、あっという間に新しい環境に溶け込んで学校生活を楽しんでいるようです。今度アメリカの公立校、私立校の比較について書こうと思っています。

 

今日は前回の続きを書きます。そうです、まだ娘のムダ毛処理については続きがあるのです。

 

簡単な流れを振り返ります。

娘のムダ毛処理、第一段階

www.furikaerimom.net

11歳になり、娘は自分が周りの子より毛深いことに気づきました。正確には、周りにも毛深い子はたくさんいるのだけれど、ブロンドの毛の子は目立たず、自分の毛はダークで目立つそうです。

最初、母親である私は「11歳で脚の毛を剃るなんて早すぎない?!」と思っていたのですが、アメリカの思春期の子育てについてよく調べたところ、毛を剃って気持ちが晴れるのなら、毛を剃らずに毛深いことを恥じて成長していくよりよっぽど健全!と言う結果になりました。Why not?という感覚です。

 

娘のムダ毛処理、第二段階

www.furikaerimom.net

生まれて初めて脚の毛を剃った娘は大喜びです。スベスベの脚をキープするのかと思っていたのですが、そこはやはり11歳。こまめに剃るのは面倒なようで、チクチク脚の日も多々ありました。

娘にとっては”スベスベ”か”チクチク”かはあまり重要ではないようです。大事なのは見た目に”フサフサ”毛が生えているかどうかだけのよう。とにかく娘はハッピーなので、そこはムダ毛処理をして大正解と言えますね。

 

娘のムダ毛処理、第三段階

また新しい段階に突入しました。

娘がこまめに脚の毛を剃らない理由の一つはカミソリではないかと思い、電気シェーバーを購入しました。カミソリだと小さい傷をいくつかつくっていたので、それも面倒くさがる理由になっているのかなと思ったのです。

家の近所のTargetへ行ってみると、ひと月前には目にしなかったパナソニックのシェーバーが置かれていました。

パナソニック レディースシェーバー サラシェ 全身用 ブルー ES2235PP-A

パナソニック レディースシェーバー サラシェ 全身用 ブルー ES2235PP-A

 

 デザインはちょっと違うけれど、こんな感じのシェーバーです。

これだと本を読みながら、映画を観ながらの”ながら剃り”ができるので、娘にとっては画期的なテクノロジーです。しかも膝のあたりを傷つけることもなく、上手に剃ることができます。

電気シェーバーを購入して以来、娘の脚のチクチク度はかなり減りました。

 

こんな感じでpreteenの娘は今のところ、自分の毛深さをそれほど悩むことも恥じることもなく生活しています。もし年頃の娘さんが同じような悩みを抱えていたら、参考にしてみてください。