フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

アメリカの小学校、先生へのクリスマスギフトについて振り返ってみた。

f:id:furikaeri_mom:20170713084110j:plain

明日から冬休みの始まりです。あっというまですね。

今日は冬休み前の最終日だったわけですが、アメリカの学校では普通に先生にギフトを渡します。今まで子ども達が通った全てのインターナショナルスクールでもそうでした。日本だとちょっと考えられない感覚ですよね。

 

小学校の先生へのクリスマスギフト

プレゼントとして何を用意するかというと、ギフトカードです。我が家はAmazonのギフトカード(商品券)を一人当たり$25購入します。

Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ) - 20,000円 (ありがとう)

Amazonギフト券(グリーティングカードタイプ) - 20,000円 (ありがとう)

 

 

担任の先生や数学の先生など特にお世話になっている先生のみに渡すので、せいぜい4〜5人です。アメリカの学校は予算が足りなかったりして、先生が自腹を切ることもあるそうです。だから品数豊富なお店のギフトカードだったら個人的に使うことも出来るし、クラスで使う道具を購入することも出来るので、少しは役に立てると思います。

そして子どもに"Thank you card"も書いてもらって、一緒に渡します。

 

ネット検索をすると、この時期たくさんのハンドメイドギフトアイディアが特集されています。でも我が家はあえて手作りのギフトや食べ物、マグカップなどは贈りません。きっと先生ももらって一番困る物だと思うからです。

 

以前、アメリカの小学校の宿題についてこちらで書きました。

www.furikaerimom.net

www.furikaerimom.net
この冬休みも宿題はありません。とりあえず本だけはたくさん読み続けて欲しいです!