フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

アメリカの小学生がオススメする英語本をいくつかあげてみました。

f:id:furikaeri_mom:20180728000646j:plain

久しぶりになってしまいましたが、娘達がオススメする英語本をいくつかあげようと思います。夏休みは長いですからね!

 

読書と言えば、このあいだNHKの「SONGSスペシャル」で、宇多田ヒカルさんとピース又吉さんが対談されていましたね。その中で読書についてお互い語られている場がありました。「子供を読書好きに育てたい」と思っている方には、すごくヒントになるお話だったと思います。

本の魅力は、読むことで自分だけの世界に入り込めること、そしてそのストーリに共感したり、時には自分よりももっと過酷な環境の世界を知って励まされたり、勇気をもらえるところです。自分を癒すことができるお薬のようなものかもしれません。

 

だから幼児期に強制的に読ませたり、何冊も何冊も読み聞かせるのは無意味だと思っています。たった一冊でもいいから、子供がワクワクしたり、「悲しいね…」と共感するような本を一緒に読んだほうが効果的です。

www.furikaerimom.net

El Deafo

El Deafo

 

おすすめ1冊目はコミックからです。チャプターブックを読むのが苦手な子でも、絵がたくさんついていれば読む楽しさに繋がるかもしれません。

対象年齢:8−12歳

 

Out of My Mind

Out of My Mind

 

この本はアメリカ中あちこちの学校で、「夏休みおすすめ読書」に指定されているのではないかな?娘達も大絶賛の本でした。

対象年齢:10 and up

 

Counting by 7s

Counting by 7s

 

『Out of My Mind』や『 Wonder』が好きな人ならきっとこの本も気にいるはず。本の表紙に書いてある「If you are lost, you might need to swim against the tide.」という文章、惹かれますよね。

対象年齢:10 and up

 

Love, Stargirl (Stargirl Series)

Love, Stargirl (Stargirl Series)

 

対象年齢:12 and up

Loser

Loser

 

対象年齢:8-12 years

『Stargirl』ファンならどちらも おすすめ、同作家の作品です。

 

Andrew Clements' School Stories: Frindle; Landry News; The Janitor's Boy; The School Story; A Week in the Woods; Lunch Money; Room One; No Talking; Lost and Found; Extra Credit
 

 娘が中古本屋さんで買い集めているの本が、Andrew Clementsのスクールシリーズです。他の多くの表紙絵に比べると独特で、ちょっと古い印象を与えがちですが、娘がこれだけ集めているということはよっぽど気に入っているのでしょうね。

対象年齢:8-12 years

 

今までのおすすめ本はこちらから↓

www.furikaerimom.net