フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

日本への一時帰国、スーツケース1つで帰国してみてわかったこと。

f:id:furikaeri_mom:20180810031626j:plain

すごく楽しみなのに、なぜか面倒くさい。

日本への一時帰国前、こんな気持ちがずっと続いていて、よく考えてみたら大量の荷物が嫌なのかも?とふと思い、今回はスーツケース1つで帰ってみることにしました。

 

正確にはスーツケースの中に折り畳めるボストンバッグを2つ入れておいたので、全部で3つの入れ物です。

 

 

スーツケース1つで日本行き

まず荷造りの時点で気持ちが楽。スーツケース1つだけなので、持って行く物を欲張らなくなります。自分にとって絶対に持って行かなきゃ困るものは、携帯、パスポート、お金(クレジットカード)、コンタクトレンズです。それ以外は最悪日本で買い足すことができますから。

 

アメリカは車社会なので、スーツケースが1つでも4つでも特に損得はありません。これが電車移動ならば、圧倒的に身軽の方が楽ですけどね。

空港での荷物預け入れも一人2つまで無料なので、その点でも身軽にする利点は特にありません。

 

というわけでこの時点では、「スーツケース1つで帰国する利点」は、パッキングが楽!それだけです。

 

スーツケース1つで日本滞在

日本へ到着したらさっそく身軽な旅の利点がやってきました。

スーツケース1つなので空港から滞在先への配送代がだいぶ安く済みました。今まではその3〜4倍の配送代を払っていたので全然違います。

満員電車の迷惑にもならないし、駅でエレベーターを探す手間も省けるし、何よりスイスイ階段を上り下りして自由に歩き回れるので、本当に気楽です。そして滞在先でも全く場所を取りません。

 

日本での買い物の楽しみが減る?

日本への一時帰国の楽しみと言えば「買いだめ」ですよね。今までは調味料など重たいものをたくさん購入していたのですが、今回はその考えをまず捨てました。調味料はアメリカでも買えるし、まあいいか!という感覚です。

買わないということは欲を捨てるということで、これがやってみると本当に気が楽なのです。出来るだけたくさんアメリカに持って帰りたい、出来るだけ安く買いたい、出来るだけ美味しいものを持って帰りたい…今まではこの気持ちを持ちながら日本滞在を過ごしていました。今思えばこの欲がすごく負担だったのです。せっかく日本にいるのに、アメリカに戻った後のことばかり考えていました。もったいないですよね。

今回は持って帰らない分、今まで以上に行きたい所へ行き、食べたい物を食べ、その瞬間瞬間を楽しむことができました。

 

それでは何も買わなかったのかというと違います。子供が大好きな物は惜しみ無く買う事にしました。買ったものは主に本、漫画、雑貨、文房具、ガチャガチャ、リーメントのプチサンプルシリーズ、日本のお菓子です。どれもアメリカでは購入できないものばかりです。これらを大量に購入しました。

 

スーツケース1つ、ボストンバッグ2つでアメリカ帰国

行きはスーツケースひとつだったのに、帰りは流石にそれだけでは荷物が入らなくなりました。

ここで再認識したのが、スーツケースは安心であること。どの荷物も出来ることならスーツケースの方に念のため入れておきたいな、と欲張ってしまうものなのですね。なので、まずはボストンバッグの方から荷造りを始めました。

 

服などはどうせ洗濯するし、最悪無くなってもいいので全てボストンバッグへ。そして30冊を超える本もボストンバッグへ入れる事にしました。ここで役に立ったのが 、100円ショップで購入したコミック収納ケースです。

こんな感じの↓

アストロ 本収納ケース 5枚組 オレンジ 不織布製 文庫本の収納にぴったりです! 609-01

アストロ 本収納ケース 5枚組 オレンジ 不織布製 文庫本の収納にぴったりです! 609-01

 

 ボストンバッグ自体が軽いので、本の重さや他の荷物を入れても全く問題がありませんでした。まだまだ荷物が入ったので、空港のユニクロでエアリズム商品をいくつも買い足して入れたほどです。

 

スーツケースの方には子供達のお気に入りの文房具、雑貨、ガチャガチャ、リーメントのミニサンプルシリーズを入れました。それからまだ荷物に余裕があったので、最後に日本のCostcoへ行って麺つゆ、昆布、鰹節、素麺を買ってきてスーツケースに入れました。いつもなら他にもたくさん買って帰るものがあるけれど、あとはアメリカで買えばいいや!と決めていたので、これだけです。

 

心配していた荷物へのダメージですが、全く問題ありませんでした。

唯一改善点があるとすると、次からはボストンバッグをやめて、スーツケース1つとダンボールにすると思います。空港にもダンボール+ラッピングサービスがあったりしますよね?

ボストンバッグだとどうしても壊れる心配が拭えなかったので、ダンボールの方が利点が多いと気がつきました。でもこれだと毎回購入しなくてはいけませんね。

 我が家の場合、とにかく身軽で移動したいというのが最優先なので、スーツケースひとつというのはこれからも変えないと思います。それプラス、ボストンバッグ、ダンボールが一番いいかもしれません。

 

番外編:海外在住の子供にオススメの日本のお土産 

 日本のぷちサンプルシリーズは本当に凄い!子供の想像力は無限大なので、このようなおもちゃは大喜びだと思います。

ぷちサンプル ぱーっとヨイヨイ! お祭り縁日 BOX商品 1BOX=8個入り、全8種類

ぷちサンプル ぱーっとヨイヨイ! お祭り縁日 BOX商品 1BOX=8個入り、全8種類

 
ぷちサンプル いっぱい買っちゃう! 家ちかスーパー BOX商品 1BOX=8個入り、全8種類

ぷちサンプル いっぱい買っちゃう! 家ちかスーパー BOX商品 1BOX=8個入り、全8種類

 

 

このケーブルバイトは子供達が気に入って、友達の分もいくつも購入しました。動物の種類もたくさんありますよ。 

ケーブルバイト キャット

ケーブルバイト キャット

 

 

日本の可愛い消しゴムシリーズ。

娘たちは東急ハンズやLOFTで消しゴムを大量に購入していました。 

【サクラクレパス】クレパス消しゴム 3本セット

【サクラクレパス】クレパス消しゴム 3本セット

 

 

フリクションシリーズいろいろ。

蛍光ペンもボールペンもあらゆるフリクショングッズを買いました。

パイロット 消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ 12色 SFC-120M-12C

パイロット 消せるカラーサインぺン フリクションカラーズ 12色 SFC-120M-12C

 

 

ミンティアのグレープ味。

ハイチュウやポッキーはアメリカのあちこちで普通に購入できるようになりました。娘たちはこのミンティアのグレープ味が大のお気に入りで、これはまだ日本食を扱うような特別なお店でしか売っていません。

これを学校のスナックとして持っていくと、他の子達も欲しがってあっという間になくなってしまうそうです。

アサヒグループ食品 ミンティア グレープ 50粒(7g)×10個

アサヒグループ食品 ミンティア グレープ 50粒(7g)×10個