フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

人気記事のその後を振り返る:「小学生の子供にiPadを使わせるか、そしてその影響について振り返ってみた」その後。

f:id:furikaeri_mom:20181213065323j:plain

2018年ももうすぐ終わりなので、今までに書いてきた記事の中から特に読まれている「人気記事」のその後をお伝えします。

第一位(12月13日時点)

www.furikaerimom.net

 「小学生の子供にiPadを使わせるか、そしてその影響について振り返ってみた」

2017年7月の記事なので約一年半前の記事です。

この記事の要点は、

ここからさらに時は経ち、ミドルスクールに入ったのをきっかけにiPhoneも持たせることになりました。

www.furikaerimom.net

 

そして、みんながSNSし放題の中しないことについて書きました。

www.furikaerimom.net

 

ネット依存から守る方法を話し合ったりもしました。

www.furikaerimom.net

 

マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ) (ヤングキングコミックス)
 

 

iPadとiPhoneを子供に与えた現在

現時点で子供はiPadとiPhoneを使用しています。iPhoneは5s から8 Plusにかわりましたが、使用制限は当初のままです(詳しくは「ペアレンタルコントロール」で検索してみてください)。WiFi環境でメールやメッセージを送ることはできますが、YouTubeやサファリは使えません(自宅のPCではOKです)。NetflixやAmazonプライムビデオはパスコードを入れれば観ることができます。聴き放題のSpotifyもあります。アプリはたくさん入っていますが、SNSアプリは一切入っていません。ペアレンタルコントロールで許可制を設定しているので、勝手にいろいろダウンロードできないようになっています。

 

一歩外へ出れば、なんの制限もなく携帯を持ち歩いている子供もたくさんいます。別にそれはどうでもいいし、そこからいろいろな情報が入ることも当たり前のことと割り切っています。

 

こんな感じでいろいろ制限ありの携帯なので、未だに子供達はそこまで携帯に執着していません。本を読んだり、クラフトしたり、ゲームをしたり、テレビを観たり、他にたくさん楽しいことがあるという感覚が大事なのかなと思います。

 

使用制限さえ設ければ、子供にとってもやはり利点ばかりのiPad、iPhoneです。街中あちこちWiFiがあるし、アメリカでの子育てなので、基本的に子供だけで出歩くこともありません。当分このままデータなしで十分かもしれません。