フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

女の敵は女だなと感じたお話。

f:id:furikaeri_mom:20190317071231j:plain

「新生児のひとり寝」について調べていて、このブログを見つけてくれた方が多くいます。

以前紹介した、赤ちゃんのひとり寝についての記事はこちら↓

www.furikaerimom.net

 

この「赤ちゃんのひとり寝」のことで思い出したことがあります。それは日本で子育てをしている友人から聞いた話。女の敵は女なんだな…と感じたお話でした。

 日本では「赤ちゃんのひとり寝」はダメ親?

海外では当たり前の育て方「赤ちゃんのひとり寝」ですが、まだまだそれについて日本では偏見があるようです。友人は私の経験を元にひとり寝で子育てをスタートさせました。新生児からのひとり寝です。それからスケジュールに沿って生活することも徹底しました。

 

新生児はほとんどの子が寝てばかりなので、ここはそんなに大差がないですよね。問題はここからです。多くの子は添い寝をしたり、抱っこしないと寝なくなるそうです。友人の子は一人で眠る赤ちゃんになりました。

すると、(友人ではない)周りのお母さんからこういう発言があったそう。

 

「新生児の頃からあまり抱っこしてないからじゃない?」

「楽で羨ましい」などなど

 

まるで抱っこじゃないと寝ない方が正解で、一人で寝るのはかわいそう、親に抱かれなくてかわいそうな子、そういう感じだったそうです。女の世界は面倒ですね。

 

もちろん、何をしたところで眠らない赤ちゃんだっています。それはその子の個性です。

でも多くの「抱っこじゃないと眠らない」「添い寝じゃないと寝てくれない」赤ちゃんは、そうしないと眠れないように育てられただけなのに。その行為が愛情だと思って育てているなら、子供が成長した時に自分の子供を「個」として見れなくなってしまいそう。

 

この友人の話、結構前のことなので、最近はどうなのでしょうかね?共働き夫婦が増えた今でも、日本では「赤ちゃんのひとり寝はかわいそう」なのでしょうか。

 

「赤ちゃんのひとり寝」は毎日スケジュールに沿うことが大事なので、夜に出歩くことはできません。

ベッドタイムまで子供中心で過ごします。

 

夜、赤ちゃんをクリブ(ベビーベッド)へ連れて行きます。おやすみの時間です。

 

夫婦二人でゆっくり夜を過ごします。

 

朝一番に起きるのは赤ちゃん。ぐっすり眠って朝からニコニコしている我が子をまた抱き上げます。

 

かわいそうですか?

とても健全ですよね。

 

www.furikaerimom.net