フリカエリ子育て日記

米在住。あちこち引越し海外子育て、あれこれ振り返るフリカエブログです。

13歳の娘がピアスを開けました。

f:id:furikaeri_mom:20190320015737j:plain

昨年1月に「娘がピアスを開けてみたいらしい」という記事を書きました。あれからもう一年以上経っているんですね。

www.furikaerimom.net

 

当時、私も夫も「反対はしないけれどピアスなんてなくていい、そのままのあなたが一番美しい」と言っていました。

娘は開ける気満々でお店へ行って、貯金が足りずに一時保留となったわけですが、その後時が経って「やっぱりピアスいらない」という感じが続いていました。

www.furikaerimom.net

 

それから更に一年経ち、またピアスを開けたい気持ちがでてきて、とうとう娘は決断しました。

毎日耳トレ! ~1ヵ月で集中脳・記憶脳を鍛える~【CD付】

毎日耳トレ! ~1ヵ月で集中脳・記憶脳を鍛える~【CD付】

 

 

アメリカで子供がピアスを開ける

とうとう本当にピアスを開ける決断をしたので、もう一度みんなで調べてみました。私も夫もピアスを開けたことがないので、何もわからなかったのです。調べてみるとどうやらモールでお馴染みのClaire'sでピアスを開けるのは、不衛生だし専門家でもないからやめた方がいいそう。去年ピアスの話が出ていた時は、Claire'sでいいかと思っていたので、もう一度よく調べて良かったです。ちなみに一番いいのは、評判のいいタトゥー、ピアス屋さんらしいです。

 

さっそく近所で評判のいいタトゥー、ピアス専門店を見つけました。とてもヒップでおしゃれなお店です。

担当してくれた方は、見た目はとても厳ついお兄さん。13歳の娘にピアスを開けることのリスクや開けた後に気をつけることなど、事細かに説明してくれました。ピアスの穴を開ける位置を念入りに測って、消毒もしっかりしてくれました。私は開けるところは見ていなかったのですが、娘から聞いた話では痛みも全くなかったそうです。 

 

アメリカでピアスを開けるにはいくら必要?

娘の予算は70ドルちょっとでした。ピアス施術代とファーストピアス代を含めた額です。実際に払った額は100ドルちょっとです。娘が予算内で買える安いファーストピアスを選ぼうとしていたところ、夫が一番質のいいピアスをプレゼントしたからです。まったく、男親は甘いですよね、でも娘にとってとても素敵な思い出になることと思います。娘は濃いブルーの小さな石を選びました。

 

みんなで決めたピアスのルール

ピアスを開けると決めた時、みんなでルールを決めました。子育て方法に関しては基本的に母親である私に任せてくれていますが、珍しく夫からも意見がありました。

 

  • ピアスの穴を増やさないこと
  • フープピアスはしないこと

 

これらは娘が自立するまでのルールです。それ以降は自由、娘に任せます。 

そしたら娘が「私だってたくさんピアスが付いているのは好みじゃないから大丈夫」と笑っていました。それからフープピアスは13歳の娘には似合わないし、下品に見えるという理由でまだダメとなりました。これも娘は「フープピアスは私の趣味じゃないから」と笑っていました。

 

 

ちなみにフープピアスについては、仲のいい友人の親たちもダメと言っているそうです。どうして親が好まないのか、読んでいる方にもなんとなく伝わるかな?

 

娘の耳にシンプルな小振りのピアス。

13歳になって身長もぐっと伸びました。

娘が12歳の頃は「何もしなくても、そのままのあなたが美しい」と言っていた私達も、今ではとてもよく似合っていると思っています。